おもちとコーヒー

台北に住み始めた2019。

こっそり始めたこと

通っている語学学校は大学に付属しているもので、生徒はその大学にあるクラブ活動にも自由に参加できる。

(日本でいうサークルと大体同じなのだが、なんとなくニュアンスが違う気がしている)

スポーツから文化系からボランティア、勉学と数にして100くらいのクラブが存在している。

現地の人と仲良くなる目的もあったが、語学以外の娯楽があると精神的にも助かると思い、何かしらのクラブには入ろうと当初から決心していた。

じゃあ何処に所属するか。

スポーツ系に入っても体力自信無い。

文化系は大学の時に放送研究会で十分お世話になった。

最終的に迷ったのは音楽とダンスの2つ分野。

音楽に関して言えば、何かしらの楽器をマスターしたいという気持ちがあって、

『ギター?ピアノ?どっちもありだな』

ダンスに関して言えば、ミュージカルの映画を見れば『俺も出してくれ』と必ず思うし、大体のダンスはそれなりに時間をかければマスターできる自信もあり、いい運動にもなる。

『ヒップホップは柄じゃないし、社交ダンスはちょっと金がかかりそう』

そこでちょうど見つけたのがタップダンス。

『自分がタップ出来たらこんなに面白いことがあるだろうか、いや、ない。』

ララランド?水谷豊初監督作品?いやいや、ほぼ直感で決めました。

 

そんなこんなで3月頭から始めたタップダンス。

活動人数は20人ほど。

その中から初級クラスと進級クラスで人数が分かれるので、自分が参加する初級クラスは大体12、3名ほど。

週に一回活動があり、その際にはタップを教えてくれる外部講師が必ず来てくれる。

調べると彼はそれなりにキャリアがあり、自身のスタジオも持っていて、おそらくかなりの実力者。

『大体同い年くらいかな』

と思っていたら自分より一回りほど年上の人だった。

やはり、下半身を鍛えている人は若い。

みなさんアンチエイジングはやっぱり足から鍛えることですよ。

 

基本的なステップは簡単で、難なくこなせる。

しかし、ご存知の通りタップの見せ所は連続したステップ。

連続するとこれが思い通りにいかなくて、足が付いていかなくなる。息も上がる。

周りを見ると、みんな息が上がってない!平気な顔してる!

ふと考える。

『みんなハタチそこらの、体力折れ線グラフがあれば頂点を指し示す年代だ!!』

これは流石にヤバいと思い、体力づくりで毎週走ることを決意。

全体のパフォーマンスの精度を上げれなくて、平均年齢だけ上げるのは非常に忍びない。

 

始めてから2ヶ月後、やっと早いステップに追いついた瞬間の達成感は帰り道の自分の顔をニヤニヤさせた。

そんな時周りと見ると、3月から加入したメンバーは自分以外誰も来なくなっていた。

フランスの子もそうで、

「あのステップは難しすぎるわ」

ある程度の運動神経というか、運動していた下地がないとやはり厳しいっぽい。

 

『あー俺1人しか残らなかったな』

とか考えていると、

「6月に発表会あるから、予定空けておいてね!」

「え!俺も出るの?」

「もちろん!」

話はいつも急に進んでいく。。

 

 

台湾は6月が卒業式シーズン。9月から新学期。

ラーメンが食べれない

嫌いなわけじゃないんです。

むしろ好きです。家系ラーメンの白飯と一緒に食べるやつとかすごい好き。

でも、ラーメン食べると高い確率でお腹崩すんですよね。

 

先週の金曜日、前の学期のクラスメイトであるイタリアの子とラーメンを食べにいくことに。

以前たまたま授業でラーメンの話になり、

「今度一緒に食べに行こう!」

ということに。

断りゃいいものの、説明も難しく承諾してしまったのだ。

なんでもそのラーメン屋は彼女たちにとって特別らしく、渡台当日の夕ご飯がその店のラーメンだったそうだ。

また特別なことがあると、そこのラーメンを食べる習慣があるらしい。

なかなか紀念のある場所に誘われてしまった。

 

彼女の理想はおそらく前のクラスメイトと一緒に食べにいく流れだったのだが、皆さん予定があり忙しいようで参加者は自分1人の模様。

だけど俺は知っている。

みんなあまり前のクラスを気に入ってなかったのを俺は知っている。

今回のクラスには、 『ああこの人、機嫌悪いのかな?』『そんな非常識なことする!?』 みたいな、風向きを気にさせる人がいない。 これは超気持ちいい、メッチャ気持ちいい。やっぱ金がいいですぅ〜 そんなことを授業中に考えていたら、前から同じのフィリピンの子が 「前の学期なんか緊張感があってね、実はあんましだったんだよね」

新学期スタート! - おもちとコーヒー

ラーメン食えば腹下すし、誰も行かないし、 内心行きたいゲージは赤ランプ点灯中だった。

しかし、自分とそのイタリアの子の話の中で出来上がったことなので、これを断るってのは非常に忍びない。

もちろん参加だ。

 

当日、約1週間振りに彼女たちに再開。

またタイワニーズアメリカンも急遽来ることになったらしく最終的に4人でラーメンをすすることに。

彼女たちが頼んだラーメンがまたすごかった。

BBQ風味のチャーシュー麺に、味付け卵とチャーシューと海苔を数枚追加するという超豪快な一品。

食べるときはその豪快さは一転する。

パスタを音を立てて食べるのはエチケットがない文化で育っているため、静かにゆっくり麺をすすっていく。

この静かさに困惑したので、こっちはたまに音を立ててすすってみたり、やっぱり音を立てずにすすってみたりと終始落ち着かず。

極めつけは、そんなボリューミーなラーメンを汁一滴も残さず彼女たちが完食したのだ。

「なんでスープ残すの?信じられない!私はラーメンで一番スープが好きよ!」

二十歳の胃袋は宇宙だ。

そんなこんなでまたいつの日か再開するのを約束して、一足先に帰路に着いたのであった。

 

キャパオーバーだった自分の胃袋。

早速その日の夜も更けた頃に、トイレと友達になるのであった。

悔しいです。

 

「とんちん」の味噌ラーメンにやられました。

ゴジラを見た

無類とまでは行きませんが、かなりのゴジラ好きです。

ホントを言うとゴジラよりモスラが好きです。

恐らく父親の影響で、小学生くらいの頃から。

よく近所のツタヤに行ってゴジラのビデオを借りては観ていました。

 

しかし不思議なのが、1954年の初代ゴジラをまだフルで観たことがない。

パッケージだったり、他の怪獣が出ていないと言うことから幼心に何か異質さを感じて手が伸びなかった気がする。

恐らく、それ以外のゴジラに関する映画はだいたい観ている。

そのツタヤにあったゴジラ物は借り尽くしているはず。

もちろん1964年(?)くらいの初代モスラ、平成モスラ3部作も全部観ている。

モスラと言えば、2人の妖精が『モスラの唄』を歌いモスラを呼ぶシーン。

かつて、女優山口紗弥加長澤まさみもその妖精だった。

今テレビでその2人を観ても思い出すのはモスラの妖精。

特に二十歳前の長澤まさみの小美人はマジで可愛くて、長澤まさみ目当てで東宝女優カレンダーを買いたいと思ったし、長澤まさみに呼ばれるモスラになりたいとも思っていた。

 

東日本大震災、大学3年でのゼミの編入をきっかけに初代ゴジラを調べたことがある。

ビデオの他に、ゴジラモスラに関する本をよく昔は買って貰っていたので、ゴジラオキシジェンデストロイヤー、つまりは原水爆実験から産まれたことはそれなりに知っていた。

平成ゴジラはそう行った背景にフォーカスせずに、単なる怪獣映画として上映していたのだが、今回のゴジラの前作『ゴジラ』と『シンゴジラ』は見事に原点回帰というか、初代のニュアンスをきちんと踏襲して作られているので、ただのゴジラ好きだけでなく違う観点の人にも評価されているのではないかと思う。

 

そんなこんなで今回の『ゴジラKOM』

まずモスラが出るだけで涙がでる。そこにキングギドララドン

昔の『ゴジラモスラキングギドラ 地球最大の決戦』と同じ登場怪獣。

これがまたファンを泣かせる。

実際に観た感想としては

(ネタバレとならない程度に)

・ランドは阿蘇山モスラインドネシア諸島の孤島インファント島とった生息地が変わってしまっている所は少しショックだった

・それでもモスラの描かれ方は、モスラの基本理念に基づいていたから俺は嬉しかったぞ。妖精は出てこなかったけど、モスラの唄はしっかり奏でられていた。一番涙腺が緩んだな

ハズキルーペめ!!1954ゴジラの芹沢教授の息子?といった、とてもファン泣かせの役柄なのに!

チャンツィーの演技は緊張感を欠く

・瀕死状態のバーニングゴジラは、『ゴジラ死す』を謳った20世紀最後のゴジラ映画『ゴジラVSデストロイヤー』のオマージュ

・そしてゴジラ誕生の元となる原水爆を逆手に取ったスクリプト

 

こんな感じか。

『地球最大の決戦』の描写をハッキリと思い出せないのでなんとも言えないが、この映画にもそのオマージュとなる描写がいくつかあったらしい。

そういうリスペクトを含んだオマージュって一番マニアを泣かせますよね。

 

オマージュオマージュ語る奴が、1954ゴジラを観たことがないなんて何事だ!ということなので、早くどこかで観なければ。。

 

そして平田!すまんな、一足先に観てしまったよ。許しておくれ。

 

 

ゴジラを観た夜は、天ぷらと明太子でした。

新学期スタート!

今週月曜から新たに3ヶ月のタームがスタート。

先週末に発表されたクラス分けを見ると、メンバーは計9名。

その内ジャパニーズが自分も含めて3名。

また9名中3名が前学期と変わらない面子。

クラスの人数は増えるわで、難しいスタートになるかなと少しため息。

 

月曜。

教室に行くと、同い年のポーランド人が既に着席中。

隣に座って、先週1週間の休みの出来事を尋ねる。

彼は旅好きで、3日以上の休みがあれば新幹線に乗ったり、飛行機に乗ったりですぐに台北からいなくなる。

今回の休みで行ったところは、また通が好きそうな離れ小島。

そこで4日過ごした後、家には戻らずその脚で南に行ったり東に行ったりで大忙しだったらしい。

その後、ポツポツと人がやって来て、結局集まったのは7人のクラスメイトだった。

嬉しい誤算、その1。

 

嬉しい誤算、その2。はと言うと、先生がすこぶる良い。

始まって三日目だが、その良さは既にわかる。

「折角こうやって出会ったんだから、この関係が3ヶ月後もちゃんと繋がるようにしましょうね。だから毎回教室に着いたら前日と同じ席に座らず、別の席につきましょう!」

縁は努力だ。

次の日には先生も入ったLINEグループが既に出来上がっていた。

教え方は早口だが、とても実用的な説明をしてくれる。

 

嬉しい誤算、その3。

自分とポーランド人が同い年で、前のクラスでは年長者だったが、今回のクラスには先輩がいた。

1人が中華系アメリカ人で1人がこのクラスで出会った同じ国の方。

どちらも女性で、とても柔和な雰囲気。

前のクラスで勝手に年長者としてのプレッシャーを追っていたのだが、それが無い。

しかし良く良く考えてみる。

今回のクラスには、

『ああこの人、機嫌悪いのかな?』『そんな非常識なことする!?』

みたいな、風向きを気にさせる人がいない。

これは超気持ちいい、メッチャ気持ちいい。やっぱ金がいいですぅ〜

そんなことを授業中に考えていたら、前から同じのフィリピンの子が

「前の学期なんか緊張感があってね、実はあんましだったんだよね」

やはり、わかる人にはわかる。

前から同じクラスの日本の子も、この三日間すごく楽しそうで充実した表情をしている。

 

と言うことで、この3ヶ月は、

ポーランド、フィリピン、アメリカ、ロシア、日本×3の7名でお送りする予定。

特に注目したいのが、初遭遇のロシアの大学生。

空気感が独特。秒間が等間隔じゃ無い。

い〜ち、にっ、さんっ、よ〜ん、ごぉ。。

みたいな。

わかんないね笑

 

 

とある小学校の前の様子。授業が終わると、親御さんが一斉に校門まで迎えに来る。朝も同様に送りに行く。

昔はこのような習慣がなかったらしいが、今回の川崎みたいな事件が昔台湾で起きてから、この形が習慣化したと言う。

しなやかに唄って

 

omochitocoffee2018.hatenablog.com

 そして『宜蘭』に到着。

時間は夕方。

近くにあるという夜市に向かって歩き出す。

途中、名物らしい『蔥油餅』を買って食べ歩き。

この食べ物もクレープ生地に長ネギをまぶして、カリッカリに焼いて醤油ソースで頂くいたってシンプルな一品。

クレープ例えが多い。

駅前は少しメルヘンチックな公園があり、雑貨の屋台が並んでいた。

 

夜市に到着。

この日台湾は連休中とあってか行き交う人が多いっぽい。

『さあ何を食べるか!』

という話になるのだが、実はスペインの女の子は『肉』が食べれない。

嫌いなのか節制してるのかその他の理由なのかをはっきり聞いていないので真意は不明。

宗教博物館を見学した後、餃子を食べに行った時も、餡が野菜の物を食べていた。

「いつもお肉をどけると、お肉食べれないの?って聞かれちゃうのよねー!」

そんなことを知っちゃうと、気い遣いの日本人は特に気を遣っちゃうわけじゃ無いですか。

 

フランスの子が

牛肉麺を食べるわ」

と言ってメニューを見ていたのだが、自分は筆が進まず結局は『酸辣湯麺』にチェック。

何かを察したのかフランスの子も『酸辣湯麺』を頼むことになった。

一方スペインの子はというと、やはりどのメニューにも肉が入っているので決めきれずに、

「さっき見たスイカを買ってくるわね」

と1人スイカを買いに行った。

2人が雑踏の中で麺を啜り、1人がカットされたスイカを食べるという状況。

酸辣湯麺は熱々で食べるのに時間もかかるし、もう!

各々が食べ終わり、時間も時間なので高速バスに乗り台北に戻る。

計2日に渡る3人旅が終わった。

 

肉が食べれないという人と出会うのは初めて。

言葉がスムーズに通じないというのと、このケースに上手く対応できなかった無力感が個人的には残ってしまった。

むむむのむ。

 

駅前の様子。

エンセリオな続き


omochitocoffee2018.hatenablog.com

この話には続きがある。

元々、『宜蘭』と言う田舎町に遊びに行く計画だったが天候不良のため中止。

その代わりが「宗教博物館」だったのだ。

その日の終わり、フランスの子が

「明日は天気が良さそうだから、明日宜蘭へ行きましょう!」

急遽決定。

 

翌朝、再び大学前で3人集合。

バスを乗り継いで約1時間。

まず『礁溪』と言う温泉街で降りる。

お湯を張り湯船に浸かると言う行為を3ヶ月弱していない自分にとっては、温泉に浸かりたくて浸かりたくてたまらない。

その気持ちをグッと抑え、第一の目的地である滝までハイキングをすることに。

当初はバスで軽やかに向かう予定だったが、バスの時間のタイミングが合わず断念。

3年前にスイスへ行く道中の成田空港で買ったミラーレス一眼を久々に太陽の元に出す。

「このカメラ、3年前スイスに行く時に買って、それ以降使ってないんだよ」

30℃程ある炎天下の中、薄くひと笑いを頂く。

 

山を登ること1時間、ようやく目的の滝に到着。

何個が滝があったのだが、一つの滝は穏やかな場所で来た人皆が裸足になって冷たい水を楽しんでいた。

もちろん、自分達も同様に涼んだ。

滝壺の近くまで行ったり、記念写真を撮ったりした後に向かったのは、そこから20分ほど登ったところにあるカトリックの教会。

時間はすでに正午を過ぎている。

昼飯は、、食べていない。

「滝の入り口にあったアイスを食べに行こう!」

30分ほど下山し、兼昼食のアイスにたどり着く。

クレープ生地にバニラのアイスを2玉。そこにふりかけ状になったピーナッツを存分にまぶして、くるくると丸めて完成。

本当はそこにパクチーもまぶすのが正式らしかったが、3人とも拒否。

お互いに味の感想を言い合うこともなく無心に食べていた。

 

ある程度の場所まで下山し、運よくバスに乗れたので『礁溪』の中心地までやっと軽やかな気持ちと共に戻る。

そこから再びバスに乗り当初の目的地である『宜蘭』に向かうのであった。

 

特にこの後オチも無いのだが、ここで一旦区切ります。

 

写真撮ってあった。ピーナッツロールアイスクリーム!!

トイレのハナシ

そういえば先週、トイレの水栓が壊れて水が流せなくなった。

急いで大家にLINEすると、

「直接修理屋に連絡してもらった方が都合がいいから、よろしく頼む!詳細は私からも伝えておくから!」

と言うことなので、電話番号だけ教えてもらい、恐る恐る電話。

「あー馬先生のとこに住んでるのね。今日行けるけど何時なら在宅してる?」

と言うことだったので、その日の夕方には来てもらえることに。

 

「おーい到着したぞー」

と電話があり、下まで迎えに行くと見た目は普通のおっちゃん。

ひとまず、第一印象でマイナス感情が生まれることはなかったので少し安心。

そのまま部屋のトイレに直行し、点検をすること数分。

「この便器古いなあ。しかもここヒビ入ってるでしょ。これ危険だよね。明日新しい水栓と取り替えるから!」

「え、じゃあ今日用を足した後はどうすればいいの?」

「このバケツに水を貯めて、一気に流せば流れていくから問題ない」

と言うことで、また翌日来ることに。

朝方から無駄な労力を使いたくないので、翌朝はさっさと支度して大学に行き用を足した。

 

翌日、授業が終わると電話が入っていた。掛け直す。

「授業終わった?君の家の下で待ってるからねー」

まさかの先回り。

35度の炎天下の中、小走りで家に戻る。

手慣れた手つきで10分ほどで水栓を取り替えて設置完了。

もちろん、ちゃんと水も流れる。

一件落着だ。

その後、図書館で宿題をして夕飯を食べた後に部屋に戻ると、、

聞こえる。トイレの方角から何かが聞こえる。

ドアを開けると、設置した水栓から水が漏れているぅううう。

なんてこったい。

夜も遅かったので、大家に連絡すると

「明日、朝一で連絡して!全ての責任は修理屋にあるから!ちゃんと事が済むまで俺は金を払わん!!」

頼もしい。

 

その夜は部屋にささやかな水が漏れる音とともに床に就いたのだが、

やはりそれが気になったのかよく眠れず、朝も普段起きる2時間前には目が覚めてしまった。

再々度、修理屋に電話。

 

その日の昼過ぎに来てもらうことに。

到着後、水漏れの現場を見てもらうと

「ネジが緩んでるなあ」

と言うことなので、各所のネジを再度締め直して結局水漏れは解消。

『いやいやいやいや、そのネジ昨日締めてたの、おっちゃんあなたじゃないですかあ!』

と心で盛大にツッコミを入れて三日間に及ぶトイレの騒動は終了しましたとさ。

それなりに心労疲労が溜まった三日間だった。

 

 

今日のお昼ご飯。丸亀はサラリーマン時代めちゃくちゃお世話になった。この商品にはお世話にならなそうだけど。